ひんやり素材の夏がけ

MENU

夏におすすめのアイテムです

ひんやり素材の夏がけを使ったことはあるでしょうか。熱帯夜が続くと寝つきにくくなりますが、ひんやり素材の夏がけを使うことでかなり気持ちよく眠れるようになります。

 

「触っただけでひんやりするなんて信じられない」という場合は、寝具を扱っているお店へ行き実際に触ってみるとよいでしょう。「本当に布団なの?」と思うくらい、冷たさを感じると思います。

 

なぜこんなにもひんやりしているのかと言いますと、こういった商品は放熱性の高い素材を使っているのです。触ってもすぐに熱を放出してくれるため“ひんやり”を感じることができます。

 

ひんやり素材の夏がけを使う場合、気をつけなければいけないのが“間になにもかけないこと”です。

 

だいたいは夏がけの下にタオルケットをかけていますが、間にタオルケットを挟むことによりひんやりを感じられなくなってしまいます。

 

ですので直接、夏がけをかけるようにしましょう。そうすればひんやり素材が肌に触れるため、気持ちよさを維持できるのです。

 

ただしずっと同じ場所に触れ続けているとひんやり感が失われていくため、「ひんやりしなくなったな」と思ったら寝返りを打ってみて下さい。

 

触れる場所を変えれば、またひんやりしてきます。