歯を食いしばってしまうのは?

MENU

食いしばりに注意する

「無意識に歯を食いしばってしまう」という悩みを抱えている人は密かに多く、体のためには意識してやめ“食いしばり”を直した方がいいと言われています。

 

その理由は歯を食いしばることにより、体調不良を引き起こすためです。例えば頭痛。

 

風邪もひいていない、花粉症の季節でもない、寝不足でもない、眼精疲労でもない…至って健康であるにも関わらず、頭痛に悩まされていませんか?

 

歯の食いしばりは頭痛を引き起こします。これといった原因が見当たらないのであれば、食いしばりを疑ってみて下さい。

 

さらに歯を食いしばり続けていると“肩こり”にもなります。しかし現代には肩こりの原因となるもので溢れているため、一概に“歯の食いしばりだけが肩こりの原因だ”とは言い切れません。

 

肩こりを悪化させているひとつと考えておくといいでしょう。それからもちろん歯痛。また、意外な症状としては耳鳴りと目の奥の痛みも出てきます。

 

このように歯を食いしばっていると、驚くほどさまざまな体調不良が現れるのです。

 

健康的な生活を送りたいのであれば頑張って直す必要がありますね。ただし癖になっていた場合、いきなり直すのは難しいでしょう。

 

何事も焦るといい結果は出せませんので、焦りは禁物です。