電気の傘の掃除

MENU

なかなか掃除もしにくい場所

いつの間にか埃がたまっている電気の傘。電気の傘を毎日のように掃除する人は、限りなくいないに等しいでしょう。

 

しかし、電気の傘というのは非常に埃がたまりやすい場所なのです。長く放置しておくと埃がすごい量になってしまいますので、最低でも1年に1回は掃除するよう心がけましょう。

 

電気の傘の掃除はさほど難しくありません。やり方としては、まず天井から照明器具を取り外します。

 

この時、埃がたまっていると舞ってしまいますので注意しましょう。激しく動かさないようそっと取り外したら、床に新聞紙などを敷いておきその上へおろします。

 

電気の傘は水洗いをしてもいいですし、雑巾で拭いてもいいですね。意外と汚れているので場所があるなら水洗いをオススメします。

 

本体の埃はウェットティッシュや雑巾などを使いましょう。力を入れすぎると故障の原因になりますから、強くこすらないよう気をつけて下さい。

 

照明器具がきれいになると光がよく通るので部屋が明るくなります。

 

ただし電気の傘(照明器具)の掃除は高いところで作業することが多いので、脚立などを踏み外さないようにしましょう。

 

できるだけ安定性の高いものを利用した方が安心です。