サムネの言葉

MENU

サムネがあると分かりやすい

インターネットでよく見かける言葉、サムネ。サムネはあらゆるところで目にしますが、いったいどういう意味を持っているのでしょうか。

 

サムネとは「サムネイル」の略称です。ファイルデータを縮小して表示したものをサムネイルと呼びます。

 

みなさんはパソコンに写真などの画像を保存していないでしょうか。いくつもの写真を保存したフォルダを開くと、縮小された写真がずらりと一覧表示されていますよね。

 

この、縮小された状態のファイル(写真)がサムネイルとなるのです。サムネイルの目的は、多数のファイルを一覧で表示させる、というもの。

 

もし保存されている写真がすべて原寸で一覧表示されたらどうなるでしょうか。画面が1枚の写真でいっぱいになってしまいスクロールが大変になります。

 

フォルダにどれだけのファイルが保存されているのかも把握しづらいですよね。そこでサムネイルが役立つのです。

 

なお、フォルダの設定を変えればサムネイルの大きさを変更できます。自分にとって使いやすいサイズに設定しておくとよいでしょう。

 

サムネイルがあれば一覧表示もしやすくなりますし、なによりどんなファイルなのかが縮小図を見れば大方わかるためパソコンには必須の存在であると言えます。